電子の詩集と本の詩集の出会うお店

天野英詩集
(新・日本現代詩文庫)

1,540円

品番:ISBN978-4-8120-2561-1

イメージが鮮明に読み手の心に映し出される。この寓話は世界の語り部、つまり天野英の求める世界は、祭りを終えて(ここでは舞踏)地上から消えてゆく人間の無常観をうたっているが、それゆえにこそ一瞬一瞬をひたむきに生きようとする人間の生に光を当てているとも言える。
 光と闇、生と死、若さと老い、男と女、一見それぞれが対極にあるようでいて、それはどちらも一つのものから分かれた片鱗でしかない、という事を示唆しているように思われる。
(小川英晴・解説より)



特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.