電子の詩集と本の詩集の出会うお店

新刊



『見えない百の物語』 二階堂晃子

見えない百の物語
二階堂晃子

「わたしが書くベき『地』は原発災害で奪われたふるさとだ」 と二階堂さんは本書後書きに記している。...

ISBN978-4-8120-2443-0

2,160円

『森田進詩集』 (新・日本現代詩文庫)

森田進詩集
(新・日本現代詩文庫)

燻し銀の互の石畳の坂道を縫い了えると 蘇鉄の葉っぱが剣を抜いていた 向うの岡のうえに...

ISBN978-4-8120-2439-3

1,512円

『抒情詩と叙事詩』 広岡守穂

抒情詩と叙事詩
広岡守穂

抒情詩としては幕末の漢詩から新体詩、口語自由 詩を経て、童謡、民衆詩、戦後詩まで、叙事詩は...

ISBN978-4-8120-2438-6

1,944円

『雪ほたる』 室井大和

雪ほたる
室井大和

霧が晴れた湖 白鳥一羽 餌を漁る 羽を痛めて 北に帰れなかった奴だ ぼろろ ぼろろ ぼろろん ろん...

ISBN978-4-8120-2436-2

2,160円


『古いアルバムから』 清水茂

古いアルバムから
清水茂

慥かこの辺リに 何か大事な一枚があったはずだ、 誰かがいたはずだ。それなのに...

ISBN978-4-8120-2435-8

2,160円

『いくつものドアを 往き来して』 里見静江

いくつものドアを
往き来して

里見静江

この先は もう大きな夢は拾わない 夜が明ける その時 水仙の花 いち輪を愛でることができるように...

ISBN978-4-8120-2433-1

2,160円

『夜をためた窓』 安住幸子

夜をためた窓
安住幸子

みんな 見てください みんな 見ないでください グリーンのTシャツの隣で...

ISBN978-4-8120-2432-4

2,268円

『ポスカスがくるよ』 濱本久子

ポスカスがくるよ
濱本久子

私のなかには 母と二歳のままの女の子が棲んでいて...

ISBN978-4-8120-2431-7

2,160円


『香りの舟』 柴崎聰

香りの舟
柴崎聰

香りは 時に 他者を宥(なだ)める力を蓄え 時に馥郁(ふくいく)たる舟となって天に向かう...

ISBN978-4-8120-2430-0

1,512円

『原圭治詩集』 (新・日本現代詩文庫)

原圭治詩集
(新・日本現代詩文庫)

汚泥が積もる おまえたちの腹ん中から排せつされた 汚い政治が積もる どこまでも積もる...

ISBN978-4-8120-2429-4

1,512円

『人間らしい心を求めて』 真原継一

人間らしい心を求めて
真原継一

胸に手を当てた 平和な世界で有りたい 人々が健やかに歩いている姿を 心に描き...

ISBN978-4-8120-2428-7

2,160円

『落ちかかるもの』 木下裕也

落ちかかるもの
木下裕也

一枚の葉がふいに落下するように、生はつねに 危機に価されている。詩人は、この世が生の危...

ISBN978-4-8120-2427-0

1,728円


『命の帆』 名古きよえ

命の帆
名古きよえ

戦時下の生活体験を下敷きに、娘から孫の世代ヘ、詩人は...

ISBN978-4-8120-2426-3

1,944円

『残照』 (叢書■現代の抒情) 瀧葉子

『残照
(叢書■現代の抒情)
瀧葉子

幾十年もの歳月が 何時の間にか吹き消えて 遠い昔の ひとときの中に...

ISBN978-4-8120-2425-6

2,160円

『朝の問い』 (叢書■現代の抒情) 都留さちこ

『朝の問い
(叢書■現代の抒情)
都留さちこ

長い夜が去った 戸を開けると 枝が光つていた ......... 静かな朝の中で...

ISBN978-4-8120-2424-9

2,160円

『後始末の美学』 加田佳子

後始末の美学
加田佳子

人と人の繁がり… 時間と空問を越える人間やもの の繁がり… 人間にのみ与えられた能力… 想像力の...

ISBN978-4-8120-2423-2

1,620円


『純粋文芸への誘い』 (Critic&Creation Books) 高井泉

純粋文芸への誘い
(Critic&Creation Books)
高井泉

純粋文芸とは、詩・小説・評論と言った文芸が、文字通り、純粋詩・...

ISBN978-4-8120-2422-5

2,700円

『こんな日もあって』 (100人の詩人 II期) 宇津木愛子

こんな日もあって
(100人の詩人 II期)
宇津木愛子

色の褪せた花びらを ひとつ摘むごとに 花のかなしみのようなものが わたしの右の...

ISBN978-4-8120-2421-8

2,160円

『鳴子を揚げて踊れたら』 對馬輝子

鳴子を揚げて踊れたら
對馬輝子

躍動する生命感 歓びの呼吸 愛の眼差し 暖かな家族、親族、友人への愛が、そのまま自然に広がって...

ISBN978-4-8120-2420-1

2,160円

『板切れ』 (叢書■現代の抒情) 末広吉朗

『板切れ
(叢書■現代の抒情)
末広吉朗

透明の世界に流れ去ってしまうかのようなさびしさ...

ISBN978-4-8120-2419-5

2,160円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.