電子の詩集と本の詩集の出会うお店

新刊



『清水榮一詩集』 (新・日本現代詩文庫)

『清水榮一詩集
(新・日本現代詩文庫)

 さてこの強靭な姿勢は何処から導かれてくるものなのか、当然先天的な個人の才能によるものと言ってしまえ...

ISBN978-4-8120-2509-3

1,512円

『うたものがたり』 田中佑季明

『うたものがたり
田中佑季明

本書は、混沌とした生活環境の中から生まれた、...

ISBN978-4-8120-2505-5

1,620円

『めぐり会う瞬間』 武田弘子

『めぐり会う瞬間
武田弘子

時は不思議 時は見えず 点々と遠ざかる直線の上 紡ぎながら解きながら 見えて来る時間というもの...

ISBN978-4-8120-2502-4

2,160円

『大森南五丁目行』 甲田四郎

『大森南五丁目行
甲田四郎

体動かなくなって 夏の始めに和菓子屋の店を閉めた 仕事やめたから次の日から...

ISBN978-4-8120-2501-7

2,160円


『鳥をつくる』 魚本藤子

『鳥をつくる
魚本藤子

その中に入れられるものは いつも丁寧に折りたたまれる それで大切なものだとわかる...

ISBN978-4-8120-2500-0

2,160円

『否』 根津真介

『否
根津真介

「否」ってやっかいだな 何も考えないで 酒をくらって、くだまいて...

ISBN978-4-8120-2494-2

2,160円

『喜びの島』』 白取範子

『喜びの島』
白取範子

弘前市生まれ。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。 第104回、118回 コスモス文学 新人賞奨励賞。...

ISBN978-4-8120-2491-1

2,160円

『万里小路譲詩集 』 (新・日本現代詩文庫)

万里小路譲詩集
(新・日本現代詩文庫)

 失意や不条理で絶望にひたるよりも、むしろ恋情のような熱い心で、いま・ここに在る生を永遠のものとして...

ISBN978-4-8120-2490-4

1,512円


『ゆめむぐら』 長山やひろ

『ゆめむぐら
長山やひろ

ずっとむかし ぼくは空をとぶことができた 風をとらえてゆらりと舞い ときに...

ISBN978-4-8120-24898-0

2,160円

『稲木信夫詩集 』 (新・日本現代詩文庫)

稲木信夫詩集
(新・日本現代詩文庫)

 稲木氏が鈴子を文学の師と仰いで詩的出発をしたことは稲木氏の詩の歩みに大きな影響を与えた。それは詩の...

ISBN978-4-8120-2489-8

1,512円

『私の小さな人生』 相原勝

私の小さな人生
相原勝

絶望していたので 信濃川の河川敷を 六歳になる息子を かたぐるまして歩いた タンポポが一面びっしり...

ISBN978-4-8120-2488-1

2,160円

『片々好雪』 横倉修一

『片々好雪
横倉修一

ひたすら舞う雪片の呟きに 耳を澄ましていると 「自分はなぜここに存在しているのか?」 という想念が...

ISBN978-4-8120-2487-4

2,160円


『九月の秋風』 横倉修一

『九月の秋風
横倉修一

山裾に燃え盛る枯穂は 夕風に一斉に雪崩を打って...

ISBN978-4-8120-2486-7

2,160円

『ヤニス・リッツォス詩集』 東千尋(編訳)

『ヤニス・リッツォス詩集』
東千尋(編訳)

見えるものの背後にある隠された意味をほのめかす呟き―ギリシア詩人ヤニス・リッツォスの詩集28冊から精...

ISBN978-4-8120-2485-0

3,240円

『風の頁』 山野井悌二

風の頁
山野井悌二

のそりのそり 生き物が 動いている 私か ああ 確かに...

ISBN978-4-8120-2484-3

2,160円

『小林登茂子詩集 』 (新・日本現代詩文庫)

小林登茂子詩集
(新・日本現代詩文庫)

 ここまで小林さんを駆り立ててきたものは何であったか。「地球」主宰の秋谷氏と小林さんとに繋がるもの、...

ISBN978-4-8120-2483-6

1,512円


『Ti amoー 君 愛しています』 (現代詩の50人) 松田悦子

Ti amoー
君 愛しています

(現代詩の50人)
松田悦子

エレベータのボタン 0・1・2・3・4 住居ボタンは3階しかし部屋は4階...

ISBN978-4-8120-2482-9

2,160円

『川を遡るすべての鮭に』 加藤思何理

『川を遡るすべての鮭に
加藤思何理

00 光の手 20 十四歳の誘惑者 11 青い布張りのソファ 31 賢者、不在であるゆえの...

ISBN978-4-8120-2481-2

2,160円

『いのちの渚』 山口春樹

いのちの渚
山口春樹

去年、秋冷の候、近くの公園で、桔梗の一叢に咲き遅れた一輪が目にとまり、その深々とした濃紫にしばし見惚...

ISBN978-4-8120-2480-5

2,160円

『詩雑誌群像』 (現代詩の50人) 村椿四朗

詩雑誌群像
(現代詩の50人)
村椿四朗

未知のような闇でなく 迷走するようなサイレン音でなく 遠吠えするような犬の声でなく...

ISBN978-4-8120-2479-9

2,160円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.