電子の詩集と本の詩集の出会うお店

個人詩集/詩論



評論集『非サイエンス詩学のすすめ』 三田洋

評論集『非サイエンス詩学のすすめ
三田洋

昨今、私たちは詩や評論を執筆する際、建造物にたとえるなら瑕疵の少ない完成度の高い作品をめざして腐心す...

ISBN978-4-8120-2661-8

2,200円

『ちゃうんちゃいます?』 角野裕美

ちゃうんちゃいます?
角野裕美

今度いっぺん言うてみたろ「ちゃうんちゃいます?」って...

ISBN978-4-8120-2658-8

2,200円

『往きて還らぬものを』 市川愛

往きて還らぬものを
市川愛

―『アルツハイマー氏』への鎮魂歌―...

ISBN978-4-8120-2656-4

2,200円

『石臼』 鈴木茂夫

石臼
鈴木茂夫

刃物のようなもの 拳銃のようなものを持った 被疑者あるいは容疑者 ………… 明日には消える偽り...

ISBN978-4-8120-2655-7

2,200円


『詩の故郷吉備スケッチ帳』 柏原康弘

詩の故郷吉備スケッチ帳
柏原康弘

ある日鳩が歌い始めると 近くの家の庭に 赤い鳥の群れがやってきた 次の日は別の庭に黄色い群れ...

ISBN978-4-8120-2654-0

770円

『孔雀時計』 藤井雅人

孔雀時計
藤井雅人

ひとは見つめる おのれの影を 知らぬ間に 時を刻みつづける分身 定めなくさまよう身もこころも...

ISBN978-4-8120-2653-3

2,200円

『やさしい言葉』 福西トモ子

やさしい言葉
福西トモ子

福西さんの詩は、どれも皆、平易でやさしい言葉で書かれている。...

ISBN978-4-8120-2650-2

2,200円

『火時計』 山本泰生

火時計
山本泰生

こころが輝いていられるのは容易でない 折れたり割れているときもある ねじ曲がり潰れていることもある...

ISBN978-4-8120-2647-2

2,200円


『たくさんの普通』 戸田よね子

たくさんの普通
戸田よね子

あなたにはあなたの わたしにはわたしの普通がある...

ISBN978-4-8120-2645-8

2,200円

『おさと帰り』 藤本かずみ

おさと帰り
藤本かずみ

『おさと帰り』とは、なんと懐かしい言葉だろう。...

ISBN978-4-8120-2644-1

2,200円

『ビューグルがなる』 篠崎フクシ

ビューグルがなる
篠崎フクシ

天地創造からの「天文百景」めくれる痛さが、 意識下の詩のゲノムに炎を点し、...

ISBN978-4-8120-2642-7

2,200円

『民族の鼓動』 河合祥一

民族の鼓動
河合祥一

両手を大きく広げ 大鳥のように 飛び立ちたいと 考えたことがあるか 自由に飛び回り 瞬く間に...

ISBN978-4-8120-2640-3

2,200円


『五十年目の婚約指環』 和氣康之

『五十年目の婚約指環
和氣康之

なんとまあ嬉しくて 金魚のように回っている このままずっと 回っていられたらいいなあ...

ISBN978-4-8120-2639-7

2,200円

『朝のメザシ』 天木三枝子

朝のメザシ
天木三枝子

日常をしんしんと緊密に肉体化し、その深淵をいきいきと巧みにとらえて、極めて重厚な造形を得ている。おの...

ISBN978-4-8120-2636-6

2,200円

『おだやかな洪水』 加藤思何理

おだやかな洪水
加藤思何理

洪水には二種類ある。 ひとつは、家もクルマも街路樹も あるいは学校や市場や天文台や水族館も...

ISBN978-4-8120-2635-9

2,200円

『花信風』 山本光一

花信風
山本光一

山本光一の詩は生きとし生けるものに、無条件でやさしい。愛を想う詩人の心は勁く折れない。詩集『花信風』...

ISBN978-4-8120-2634-2

2,200円


『ふたご座流星群の 季節』 小林登茂子

『ふたご座流星群の
季節

小林登茂子

―好きなことを させる― 二時間越しの自論を振り撒く男の この究極のことば、これが小林さんの...

ISBN978-4-8120-2632-8

2,200円

『空虚みつ大和』 吉中桃子

『空虚みつ大和
吉中桃子

遥かな非日常(空虚)に充ちる大和の香りを 目に見えぬ神の声を体現する巫女のように嗅ぎとり...

ISBN978-4-8120-2631-1

2,200円

『ビオラ ソロリアプリセアーナのある庭』 方喰あい子

『ビオラ ソロリアプリセアーナのある庭
方喰あい子

わたしの命を燃やしたい 若い日、心中に秘めた 子を生し 人の命をつなぐ ふと、気づいたのだった...

ISBN978-4-8120-2630-4

2,200円

『吹越の里で』 大塚史朗

『吹越の里で
大塚史朗

「ただ今」 と声がしたので目覚めた 誰だろう 聞き覚えがない...

ISBN978-4-8120-2629-8

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.