電子の詩集と本の詩集の出会うお店

個人詩集/詩論



『暗夜巡礼』 中尾敏康

暗夜巡礼
中尾敏康

 聖橋を渡っていった女は忽然と宇宙に消えた。時の重さに釣り合う実存を求め、詩人の暗夜巡礼が始まる。友...

ISBN978-4-8120-2694-6

2,200円

『猫町diary』 中尾一郎

『猫町diary
中尾一郎

人の生き様も 猫の生き様も 正解はないままに 前に向かって 歩いている 春泥の底で猫町は...

ISBN978-4-8120-2690-8

2,200円

『絶体絶命』 鎌田東二

絶体絶命
鎌田東二

父さん あなたが教えた所得倍増は これほど手ひどい貧困をもたらしました...

ISBN978-4-8120-2689-2

2,200円

『はやく来て』 日原正彦

『はやく来て
日原正彦

お父さんは殴る わたしを殴る はしゃいでいると殴る 静かにしていても殴る...

ISBN978-4-8120-2687-8

2,200円


『すぐそばにいる幸福』 鈴木悦子

すぐそばにいる幸福
鈴木悦子

鈴木さんは若い頃から長く詩作を続けていらした方で、その詩には、ずば抜けた新しい描法をとり入れた言葉の...

ISBN978-4-8120-2684-7

2,200円

『私が愛した 不揃いな人々』 長瀬一夫

私が愛した 不揃いな人々
長瀬一夫

椅子をずらすと父親がいた。 死期を看て、肉体を焼いて写真だけになったはずなのに、...

ISBN978-4-8120-2683-0

2,200円

『白と黒』 なんどう照子

『白と黒
なんどう照子

自分の身におきた不幸をそのままにひきうけて 空にかえっていったことはだれもしらない...

ISBN978-4-8120-2682-3

2,000円

『月の名前』 内田道子

月の名前
内田道子

世界がまだ若かった頃 黒い岩山の上に 皓皓と輝くまるい光を見上げて 「月」と最初に名付けたのは...

ISBN978-4-8120-2681-6

2,200円


『缶蹴り』 中谷順子

缶蹴り
中谷順子

あ、行かないで 私は心の中で 何度この言葉を発したことだろう その度に その真実の意味に...

ISBN978-4-8120-2678-6

2,200円

『デイジイ・ブック』 太原千佳子

デイジイ・ブック
太原千佳子

ほら オーマ デイジイ 咲いてるよ!...

ISBN978-4-8120-2677-9

2,200円

『ひとり遊び』 乳井昌史

ひとり遊び
乳井昌史

寒湯治効き目あるよと励まされ 湯治場とその周辺から、変わってゆく自然環境、...

ISBN978-4-8120-2675-5

2,200円

『乳飲み子のうた』 森川芳州

乳飲み子のうた
森川芳州

生まれたばかりの乳飲み子は/何を考えているのか/いつまでも見つめてくる/不信そうな顔をして/時たま口...

ISBN978-4-8120-2674-8

2,200円


『大塚欽一全詩集(後期)』 大塚欽一

大塚欽一全詩集(後期)
大塚欽一

これは私の全存在を賭けた投壜通信である。 本書には大塚欽一の未刊詩集15冊を収録する。...

ISBN978-4-8120-2673-1

6,600円

歌集『クラヴィクラ』 家坂利清

歌集『クラヴィクラ
家坂利清

祭壇で友のはにかむ写真みて追憶はながい旅をはじめる...

ISBN978-4-8120-2672-4

1,650円

『心の旅はバトン作り』 尼崎總枝

心の旅はバトン作り
尼崎總枝

尼崎さんは、言葉を三五七調に短く切って飛ばしていく独特の描法と、弾けるリズムを身につけた詩人です。対...

ISBN978-4-8120-2671-7

2,200円

『足もとの冬』 里見静江

足もとの冬
里見静江

冬は始まった 窓の結露に白い吐息がながれる朝 鈍色の光が キラキラ...

ISBN978-4-8120-2668-7

2,200円


『今日を刻む』 狩野貞子

今日を刻む
狩野貞子

ヘルスメーターに乗る 体重四十九kg 重みは 太古の恐竜よりも軽く...

ISBN978-4-8120-2667-0

2,200円

『東京の表情』 柳春玉

東京の表情
柳春玉

 目次を開いた瞬間に眼を引く壮観な眺め。七十八篇の詩の表題が、皆「東京の?」を冠する。これほど一つの...

ISBN978-4-8120-2666-3

2,200円

『風の空へ飛んだ』』 ひとはなお

風の空へ飛んだ』
ひとはなお

夕べ 鳥がくる ゆれる頭が とじた羽が 木の実のように 枝にとまり そうして 空へ...

ISBN978-4-8120-2663-2

2,200円

評論集『非サイエンス詩学のすすめ』 三田洋

評論集『非サイエンス詩学のすすめ
三田洋

昨今、私たちは詩や評論を執筆する際、建造物にたとえるなら瑕疵の少ない完成度の高い作品をめざして腐心す...

ISBN978-4-8120-2661-8

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.