電子の詩集と本の詩集の出会うお店

個人詩集/詩論



『五十年目の婚約指環』 和氣康之

『五十年目の婚約指環
和氣康之

なんとまあ嬉しくて 金魚のように回っている このままずっと 回っていられたらいいなあ...

ISBN978-4-8120-2639-7

2,200円

『ふたご座流星群の 季節』 小林登茂子

『ふたご座流星群の
季節

小林登茂子

―好きなことを させる― 二時間越しの自論を振り撒く男の この究極のことば、これが小林さんの...

ISBN978-4-8120-2632-8

2,200円

『空虚みつ大和』 吉中桃子

『空虚みつ大和
吉中桃子

遥かな非日常(空虚)に充ちる大和の香りを 目に見えぬ神の声を体現する巫女のように嗅ぎとり...

ISBN978-4-8120-2631-1

2,200円

『ビオラ ソロリアプリセアーナのある庭』 方喰あい子

『ビオラ ソロリアプリセアーナのある庭
方喰あい子

わたしの命を燃やしたい 若い日、心中に秘めた 子を生し 人の命をつなぐ ふと、気づいたのだった...

ISBN978-4-8120-2630-4

2,200円


『吹越の里で』 大塚史朗

『吹越の里で
大塚史朗

「ただ今」 と声がしたので目覚めた 誰だろう 聞き覚えがない...

ISBN978-4-8120-2629-8

2,200円

『船に乗って』 内藤喜美子

『船に乗って
内藤喜美子

内藤喜美子の詩は現実生活から一歩も身を退かず、言葉を紡ぐ。もう何十年もそうしてきたし、きっとそれは明...

ISBN978-4-8120-2628-1

2,200円

『散居村の住人からの視点』 道元隆

『散居村の住人からの視点
道元隆

 私の住んでいる所は、田舎です。田舎でも、散居村と呼ばれる地域です。この散居村は日本国内最大とされ、...

ISBN978-4-8120-2627-4

2,200円

『青売り』 椿美砂子

『青売り
椿美砂子

きゅうに扉を叩く人がいても わたしは驚いたりしない とんでもないものを置いて帰る人もいたけれど...

ISBN978-4-8120-2626-7

2,200円


『へんな生き物』 大西美千代

『へんな生き物
大西美千代

近所をぐるりと回って 人生のきれぎれを尻尾にくっつけてそれは帰ってくる...

ISBN978-4-8120-2624-3

2,200円

『糸むすび』 橋爪さち子

『糸むすび
橋爪さち子

―大学紛争を経て、詩人は生活の前線へと向った―...

ISBN978-4-8120-2623-6

2,200円

『しろい風の中で』 田中眞由美

『しろい風の中で
田中眞由美

もうすぐ日が暮れるというのに 後ろ姿も見せないものを...

ISBN978-4-8120-2621-2

2,200円

『メー・ティはそれを好まない』 愛敬浩一

『メー・ティはそれを好まない
愛敬浩一

メー・ティは墨子である。墨子の影に隠れているのはブレヒトだった!...

ISBN978-4-8120-2620-5

2,200円


代表詩選『ひぐらし』 林嗣夫

代表詩選『ひぐらし
林嗣夫

現実と豊かな詩的言語の実験を繰り返しつつ、次々と新境地を切り拓いていった林嗣夫の、『むなしい仰角』か...

ISBN978-4-8120-2618-2

2,750円

『現代詩NOW I』 中村不二夫

『現代詩NOW I
中村不二夫

 かつての関東大震災時、こぞって作家、詩人は生死存亡の境を前に「何も書けない」、そんな無力感にとらわ...

ISBN978-4-8120-2616-8

2,750円

『叫び』 重光はるみ

『叫び
重光はるみ

文は人なりというが、この詩集の、実直にして篤実な言葉からなる文体は、重光はるみそのものである。...

ISBN978-4-8120-2615-1

2,200円

『冬の蝉―坂井艶司と「満洲詩」の時代』 福冨健二

『冬の蝉―坂井艶司と「満洲詩」の時代
福冨健二

昭和初年代から10年代、激動の時代の満洲で、若き詩人たちはどのような夢や憧れ、思想をもって活動してい...

ISBN978-4-8120-2614-4




『一本の草は思った』 福冨健二

『一本の草は思った
福冨健二

大地と仲良くなろう ..................

ISBN978-4-8120-2613-7

2,200円

『両つの掌に』 清水茂

『両つの掌に
清水茂

必要なことだけを語ってきたにしても その痕跡は多過ぎるようにも思われた。...

ISBN978-4-8120-2612-0

2,200円

『ありがとう』 酒井修平

『ありがとう
酒井修平

酒井さんの詩は、起こった事柄の細やかなデテールを、順を追って説明しているようにみえて、実は卓抜した省...

ISBN978-4-8120-2611-3

2,200円

『海へ向かう道』 うめだけんさく

『海へ向かう道
うめだけんさく

あるいて あるいて あるきとおす なんのために こころのどこかにいつもはりついているぎもんふ...

ISBN978-4-8120-2610-6

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.