電子の詩集と本の詩集の出会うお店

個人詩集/詩論



『ひとり遊び』 乳井昌史

ひとり遊び
乳井昌史

寒湯治効き目あるよと励まされ 湯治場とその周辺から、変わってゆく自然環境、...

ISBN978-4-8120-2675-5

2,200円

歌集『クラヴィクラ』 家坂利清

歌集『クラヴィクラ
家坂利清

祭壇で友のはにかむ写真みて追憶はながい旅をはじめる...

ISBN978-4-8120-2672-4

1,650円

『心の旅はバトン作り』 尼崎總枝

心の旅はバトン作り
尼崎總枝

尼崎さんは、言葉を三五七調に短く切って飛ばしていく独特の描法と、弾けるリズムを身につけた詩人です。対...

ISBN978-4-8120-2671-7

2,200円

『足もとの冬』 里見静江

足もとの冬
里見静江

冬は始まった 窓の結露に白い吐息がながれる朝 鈍色の光が キラキラ...

ISBN978-4-8120-2668-7

2,200円


『今日を刻む』 狩野貞子

今日を刻む
狩野貞子

ヘルスメーターに乗る 体重四十九kg 重みは 太古の恐竜よりも軽く...

ISBN978-4-8120-2667-0

2,200円

『東京の表情』 柳春玉

東京の表情
柳春玉

 目次を開いた瞬間に眼を引く壮観な眺め。七十八篇の詩の表題が、皆「東京の?」を冠する。これほど一つの...

ISBN978-4-8120-2666-3

2,200円

『風の空へ飛んだ』』 ひとはなお

風の空へ飛んだ』
ひとはなお

夕べ 鳥がくる ゆれる頭が とじた羽が 木の実のように 枝にとまり そうして 空へ...

ISBN978-4-8120-2663-2

2,200円

評論集『非サイエンス詩学のすすめ』 三田洋

評論集『非サイエンス詩学のすすめ
三田洋

昨今、私たちは詩や評論を執筆する際、建造物にたとえるなら瑕疵の少ない完成度の高い作品をめざして腐心す...

ISBN978-4-8120-2661-8

2,200円


『ちゃうんちゃいます?』 角野裕美

ちゃうんちゃいます?
角野裕美

今度いっぺん言うてみたろ「ちゃうんちゃいます?」って...

ISBN978-4-8120-2658-8

2,200円

『石臼』 鈴木茂夫

石臼
鈴木茂夫

刃物のようなもの 拳銃のようなものを持った 被疑者あるいは容疑者 ………… 明日には消える偽り...

ISBN978-4-8120-2655-7

2,200円

『詩の故郷吉備スケッチ帳』 柏原康弘

詩の故郷吉備スケッチ帳
柏原康弘

ある日鳩が歌い始めると 近くの家の庭に 赤い鳥の群れがやってきた 次の日は別の庭に黄色い群れ...

ISBN978-4-8120-2654-0

770円

『やさしい言葉』 福西トモ子

やさしい言葉
福西トモ子

福西さんの詩は、どれも皆、平易でやさしい言葉で書かれている。...

ISBN978-4-8120-2650-2

2,200円


『たくさんの普通』 戸田よね子

たくさんの普通
戸田よね子

あなたにはあなたの わたしにはわたしの普通がある...

ISBN978-4-8120-2645-8

2,200円

『おさと帰り』 藤本かずみ

おさと帰り
藤本かずみ

『おさと帰り』とは、なんと懐かしい言葉だろう。...

ISBN978-4-8120-2644-1

2,200円

『ビューグルがなる』 篠崎フクシ

ビューグルがなる
篠崎フクシ

天地創造からの「天文百景」めくれる痛さが、 意識下の詩のゲノムに炎を点し、...

ISBN978-4-8120-2642-7

2,200円

『民族の鼓動』 河合祥一

民族の鼓動
河合祥一

両手を大きく広げ 大鳥のように 飛び立ちたいと 考えたことがあるか 自由に飛び回り 瞬く間に...

ISBN978-4-8120-2640-3

2,200円


『朝のメザシ』 天木三枝子

朝のメザシ
天木三枝子

日常をしんしんと緊密に肉体化し、その深淵をいきいきと巧みにとらえて、極めて重厚な造形を得ている。おの...

ISBN978-4-8120-2636-6

2,200円

『おだやかな洪水』 加藤思何理

おだやかな洪水
加藤思何理

洪水には二種類ある。 ひとつは、家もクルマも街路樹も あるいは学校や市場や天文台や水族館も...

ISBN978-4-8120-2635-9

2,200円

『空虚みつ大和』 吉中桃子

『空虚みつ大和
吉中桃子

遥かな非日常(空虚)に充ちる大和の香りを 目に見えぬ神の声を体現する巫女のように嗅ぎとり...

ISBN978-4-8120-2631-1

2,200円

『青売り』 椿美砂子

『青売り
椿美砂子

きゅうに扉を叩く人がいても わたしは驚いたりしない とんでもないものを置いて帰る人もいたけれど...

ISBN978-4-8120-2626-7

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.