電子の詩集と本の詩集の出会うお店

新刊



『一本の草は思った』 福冨健二

『一本の草は思った
福冨健二

大地と仲良くなろう ..................

ISBN978-4-8120-2613-7

2,200円

『海へ向かう道』 うめだけんさく

『海へ向かう道
うめだけんさく

あるいて あるいて あるきとおす なんのために こころのどこかにいつもはりついているぎもんふ...

ISBN978-4-8120-2610-6

2,200円

『サンクチュアリ』 中山郁子

『サンクチュアリ
中山郁子

かつて遠い国で私は 光りながら空を飛ぶ魚の群れを見た...

ISBN978-4-8120-2608-3

2,200円

『丹野文夫詩集』 (新・日本現代詩文庫)

丹野文夫詩集
(新・日本現代詩文庫)

 きつい苦味を喰みつくすこととは、みずからの詩の営為にたいする、あるいは自分自身の内奥に向けたある種...

ISBN978-4-8120-2607-6

1,540円


『詩人 黒田三郎近傍』 (詩論・エッセイ文庫12) 葵生川玲/著

『詩人 黒田三郎近傍』
(詩論・エッセイ文庫12)
葵生川玲/著

平易な文体で庶民の心の深い部分を表現した詩人黒田三郎。その黒田の晩年の謦咳に接し濃密な関係を築いた著...

ISBN978-4-8120-2605-2

1,540円

『詩人の現在』 村椿四朗

『詩人の現在』
村椿四朗

すべては、コトバを始原に現存する。...

ISBN978-4-8120-2604-5

2,750円

『「山の少女」と呼ばれた詩人―堀内幸枝ノート』 鈴木正樹

『「山の少女」と呼ばれた詩人―堀内幸枝ノート
鈴木正樹

明かされた抒情詩人の真実――...

ISBN978-4-8120-2601-4

2,200円

『あの日、水の森で』 草間小鳥子

『あの日、水の森で
草間小鳥子

いいえ、あれは朝の光。...

ISBN978-4-8120-2596-3

2,200円


『しのばず』 青木由弥子

『しのばず
青木由弥子

告げるべき言葉をのみこみ こみあげてくるものを抑えて ふれる 押しかねる扉の きしみ ふたりで...

ISBN978-4-8120-2592-5

2,200円

『家族の肖像』 (詩論・エッセイ文庫11) 水崎野里子

『家族の肖像』
(詩論・エッセイ文庫11)
水崎野里子

自らが生まれて育った場所であり、そして母の最期を看取りに戻った場所でもある吉祥寺、思い出と家族の顔が...

ISBN978-4-8120-2590-1

1,540円

『トカゲ』 阿賀猥

『トカゲ
阿賀猥

いつも苦しいんだ。苦しい思いを噛み締めているんだよ。なぜ苦しいのかわからないんだ。けど苦しいんだ。身...

ISBN978-4-8120-2587-1

1,540円

『河口にて』 田代卓

『河口にて
田代卓

詩集はスケールも大きく始まる。...

ISBN978-4-8120-2585-7

2,200円


『七月』 伊藤信一

『七月
伊藤信一

美しい にせものたちには 七月がよく似合った 最後の子音は 口に出してはいけない...

ISBN978-4-8120-2583-3

2,200円

『流鶯(りゅうおう)』 花里鬼童

『流鶯(りゅうおう)
花里鬼童

もの言わぬたくさんの花の陰で ぼくは、独り立ち尽くしている どうぞこのままの立ち居で...

ISBN978-4-8120-2581-9

2,200円

『三人の詩人たち』 (詩論・エッセイ文庫9) 阿部堅磐

『三人の詩人たち』
(詩論・エッセイ文庫9)
阿部堅磐

戦前・戦後を通じて、抒情詩の世界を牽引し続けた中山伸、伴野憲、亀山巌。三人の先達詩人と同時代を共に生...

ISBN978-4-8120-2580-2

1,540円

『それぞれ願』 鎮西貴信

『それぞれ願
鎮西貴信

諦念 無駄な努力はしないこと 認めてもらって何になる 歴史に名を残しどうなる...

ISBN978-4-8120-2579-6

2,200円


『夢の途中』 やまもとさいみ

『夢の途中
やまもとさいみ

気がつけばいつも わたしは彷徨っている 探し物をしていて 探し物が見つからなくて...

ISBN978-4-8120-2578-9

2,200円

『詩と思想詩人集2020』 「詩と思想」編集委員会

詩と思想詩人集2020
「詩と思想」編集委員会

1972年10月、詩人たちによって旗揚げされた「詩と思想」は、歴代の編集委員・スタッフ、編集参与、購...

ISBN978-4-8120-2577-2

5,500円

『粒子 その通過する点点・・』 南久子

『粒子 その通過する点点・・
南久子

尾根を行く鳥よ 手のひらを集めに来てくれないか 爛れた治癒しそうもない手のひらにも...

ISBN978-4-8120-2575-8

1,980円

『寒暖流』 田中佑季明

『寒暖流
田中佑季明

太陽を 背に受けて 今日も 黒い 薄い影が 都会の 舗道に伸びている...

ISBN978-4-8120-2570-3

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.