電子の詩集と本の詩集の出会うお店

新刊



『愛敬浩一詩集 』 (新・日本現代詩文庫)

愛敬浩一詩集
(新・日本現代詩文庫)

愛敬浩一の詩人として優れているのは、高い志をもっていないことにある。あるとすれば、詩においしさだけを...

ISBN978-4-8120-2561-1

1,540円

『天野英詩集 』 (新・日本現代詩文庫)

天野英詩集
(新・日本現代詩文庫)

イメージが鮮明に読み手の心に映し出される。この寓話は世界の語り部、つまり天野英の求める世界は、祭りを...

ISBN978-4-8120-2561-1

1,540円

句集『あすなろ』 木村忠治

句集『あすなろ
木村忠治

見上げれば花満開の老桜 言わずともバラにはバラの矜持あり 今にして見ゆることあり残り菊...

ISBN978-4-8120-2557-4

2,200円

『お母さんと呼ばせて』 森川芳州

『お母さんと呼ばせて
森川芳州

母の温かな コスモスの眼差し 手折って 手折って きつい言葉で踏み荒らす 何故なんだろう...

ISBN978-4-8120-2555-0

2,200円


『束ねられない』 おだ じろう

束ねられない
おだ じろう

日々のうつろいに添って 語りかけていたもろもろのものたち 悲しみ 怒り 恐れ ありもしない歓喜...

ISBN978-4-8120-2554-3

2,200円

『かぎろい』 水木萌子

『かぎろい
水木萌子

ーー雲間からささやくような 天使のはしごが下りてきた 広いおでこを傾けて 君は受け取ろうと...

ISBN978-4-8120-2552-9

2,200円

『ゆめがあるのなら』 大塚常樹

ゆめがあるのなら
大塚常樹

忘却は優美な後悔 距離をもたらすのは...

ISBN978-4-8120-2551-2

1,650円

『山岸哲夫詩集 』 (新・日本現代詩文庫)

山岸哲夫詩集
(新・日本現代詩文庫)

 山岸哲夫の詩にはたとえれば花にも似た女性たちか数多く登場する。その女性たちの中にはつきあいのあった...

ISBN978-4-8120-2550-5

1,540円


『微かな吐息につつまれて』 (現代詩の50人) 小野ちとせ

『微かな吐息につつまれて
(現代詩の50人)
小野ちとせ

読み尽せないから、繰り返し読みたくなる。ときに光となって...

ISBN978-4-8120-2549-9

2,200円

『風歌(そえうた)』 みくちけんすけ

『風歌(そえうた)
みくちけんすけ

雲を眺める衰えた眼で 風を感じるあるがままの肌で 観念のむこうで季節は移り 呼吸が停止するまでは...

ISBN978-4-8120-2548-2

2,200円

『風駅』 山本みち子

『風駅
山本みち子

叔母さんが捨て猫を飼い始めたのは いつの頃からかはよく知りません 知り合った頃にはすでに...

ISBN978-4-8120-2547-5

2,200円

『永遠と一瞬のあいだは水色』 吉川彩子

『永遠と一瞬のあいだは水色
吉川彩子

いくらたってもぼくらは河口でしか暮らせないだろう ハレーションする上弦の月...

ISBN978-4-8120-2546-8

2,200円


『幸福の速度』 吉田義昭

『幸福の速度
吉田義昭

「老いて、男やもめで、独り暮らしの人間は孤独病」 社会はなぜ、そんな風に私を定義するのでしょう。...

ISBN978-4-8120-2545-1

2,200円

『アダルトビガク』 ある素晴らしい青年A

『アダルトビガク
ある素晴らしい青年A

いま地球上でもっとも美しい存在者は どういった存在者であるか。...

ISBN978-4-8120-2544-4

2,200円

『風紋』 田中佑季明

『風紋
田中佑季明

無味乾燥な道を 縦に真っすぐ歩く 時々 底知れぬ 縦割れの クレバスを...

ISBN978-4-8120-2543-7

2,200円

『鍬に錆』 武西良和

『鍬に錆
武西良和

小刻みに歩むために おれは蟻 心を解きほぐすために わたしは蝶...

ISBN978-4-8120-2541-3

2,200円


『吹毛井』 後藤光治

『吹毛井
後藤光治

詩を書こうとすると、 煌く海や、潮風や、雑木林などの あの侘しい風景が蘇ってくる。また、...

ISBN978-4-8120-2540-6

2,200円

『母の旅立ち』 杉野紳江

『母の旅立ち』
杉野紳江

母は 困らないように 慌てないように 半年前に 夢で連絡してきてくれたのだ...

ISBN978-4-8120-2539-0

2,200円

『木の遍歴』 (現代詩の50人) 谷口ちかえ

『木の遍歴
(現代詩の50人)
谷口ちかえ

やがて一人で村を後にするだろう と予言したのは 山の無人の境内に立つ 遊ぴ相手の樫の木だ...

ISBN978-4-8120-2538-3

2,200円

『私のものではない言葉を』 清水茂

『私のものではない言葉を
清水茂

葉が語り、雲や鳥が語る言葉を そのままに受け取ることができれば...

ISBN978-4-8120-2537-6

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.