電子の詩集と本の詩集の出会うお店

個人詩集/詩論



『こおろぎ おばあちゃんの昔話』 西谷貴子

『こおろぎ おばあちゃんの昔話
西谷貴子

山から薪を背負った人が 人里離れた墓場の傍らを通りかかると うずくまった 小さな子供の姿が二つ...

ISBN978-4-8120-2825-4

1,100円

句集『菊日和』 蔭山節子

句集『菊日和
蔭山節子

柔かき蓬摘みつつ香りけり 葉桜や参道の茶屋鰻裂く 菊日和聖堂孔子像祀る 藁囲ひして植ゑ替への冬牡丹...

ISBN978-4-8120-2824-7

2,200円

『小さきものたち』 斎藤久夫

『小さきものたち
斎藤久夫

風が通過した 無人の山と里山と 破壊された屋敷の内と外とを 猪と僅かな人とが通り抜けている...

ISBN978-4-8120-2822-3

2,200円

『來陽』 出雲筑三

『來陽
出雲筑三

やがて灰色の隙間から一本の光 まっしぐらに伸びて来た...

ISBN978-4-8120-2820-9

1,980円


『泣いて笑って幼子よ』 森川芳州

『泣いて笑って幼子よ
森川芳州

幼子は/かまってもらいたくて/しかたないのです...

ISBN978-4-8120-2819-3

2,200円

『僕がいない町』  中川ヒロシ

『僕がいない町』
中川ヒロシ

河野先輩は全日本の選手で活躍したのち先生になった 田中君は建設業で何億か借金がある...

ISBN978-4-8120-2818-6

1,980円

『更地』』 水島美津江

『更地』
水島美津江

町工場主だった父、寄り添う母、娘は革命に走る。そこには我々の愛する昭和の風景があった。林立する高層ビ...

ISBN978-4-8120-2817-9

2,200円

『パルスと円環』 麻生秀顕

『パルスと円環
麻生秀顕

寒くて長い夜が明けて 幻を求める男たちが 白馬に乗ってやってきた 魂も凍る氷の世界から...

ISBN978-4-8120-2815-5

2,200円


『先生の手料理』 則武一女

『先生の手料理
則武一女

クルミやなつめにピーナッツ 箱にぎゅうぎゅう詰めで送られてきた 先生からの贈り物 …………………...

ISBN978-4-8120-2815-5

2,200円

『エンプティチェア』 滝本政博

『エンプティチェア』
滝本政博

あの人 とよべる人が一人いて 眠りから覚めても 自分が自分であることの 不思議 何処にいるのだろう...

ISBN978-4-8120-2814-8

2,200円

『僕たちはなくしたことばを拾いに行こう』 南雲和代

『僕たちはなくしたことばを拾いに行こう
南雲和代

僕は誰なのか 母は最期までこの国のことばを話さなかった 僕には十五歳までことばがなかった...

ISBN978-4-8120-2813-1

2,200円

『星降る森の波音』 柊月めぐみ

『星降る森の波音
柊月めぐみ

乳白色の輝く帯 あちらからあちらまで まばゆくこぼれる 光の渦を駆ける ………… 南十字の森に響く...

ISBN978-4-8120-2812-4

2,200円


『浮釣木の顚末』 内藤喜美子

『浮釣木の顚末
内藤喜美子

階段の裏側に潜伏して いつも隙あらば と様子を窺っている幻の目 なんでもない こんな所に...

ISBN978-4-8120-2811-7

2,200円

『虹のような日』 見上司

『虹のような日
見上司

 ウクライナの悲劇にシェフチェンコの詩を思い、いや君はすでに二〇〇二年三月に北欧を思わせる『ニルス』...

ISBN978-4-8120-2810-0

2,200円

『催花雨』 川口千恵子

『催花雨
川口千恵子

詩人は大抵いつの時代も饒舌だ たとえば 君の周りにいても君には見えない所で 君を見つめていた...

ISBN978-4-8120-2808-7

2,200円

『不思議な詩 詩の不思議』 安藤一宏

『不思議な詩 詩の不思議
安藤一宏

詩人は大抵いつの時代も饒舌だ たとえば 君の周りにいても君には見えない所で 君を見つめていた...

ISBN978-4-8120-2808-7

2,200円


『あかんたれ』 松田悦子

『あかんたれ
松田悦子

ホテルのラウンジ 頼むのはコーヒー お尻 どっかり それぞれにカゴメカゴメを歌い出す...

ISBN978-4-8120-2807-0

2,200円

『青の引力』 椿美砂子

『青の引力
椿美砂子

色彩に溢れている。それが万華鏡の様に次々と姿を変える。 昔演劇少女だった彼女が思い出される。...

ISBN978-4-8120-2806-3

2,200円

『過激な夢想家の桃』 久保俊彦

『過激な夢想家の桃
久保俊彦

雲の中で滴が伸長し重力に耐えきれない雫が 地上に落下して恵や災をもたらす...

ISBN978-4-8120-2805-6

2,200円

『空位のウィークエンド』 (詩と思想新人賞叢書17) 雨澤佑太郎

『空位のウィークエンド』
(詩と思想新人賞叢書17)
雨澤佑太郎

昏睡が美徳とされる近未来 地獄は完全予約制となった...

ISBN978-4-8120-2804-9

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.