電子の詩集と本の詩集の出会うお店

個人詩集/詩論



『夕暮れの 地下鉄通勤者』 青山いさお

夕暮れの
地下鉄通勤者

青山いさお

青山にとって、...

ISBN978-4-8120-2319-8

2,750円

『黄色い木馬/レタス』 草野理恵子

黄色い木馬/レタス
草野理恵子

物語を語り終えたとき はじめて沈黙の人は顔を上げる 生きにくさを持つ人に惹かれる。...

ISBN978-4-8120-2317-4

2,200円

『花と香りのなかで 』 森田洋子 (写真・文)

花と香りのなかで
森田洋子
(写真・文)

言葉と香りと写真のコラボレーション 花達の移りゆく美しさ 衰微してゆくもの そのはかなさ...

ISBN978-4-8120-2313-6

1,980円

『田中佐知・花物語』 田中佑季明(編)

田中佐知・花物語
田中佑季明(編)

わたしはたぶん 混沌から生まれた 光と聞から生まれた 海から空から風から雪から...

ISBN978-4-8120-2312-9

1,430円


『詩と文学の未来へ向けて』 水崎野里子

詩と文学の未来へ向けて
水崎野里子

小説、 古典詩歌 …… 石原吉郎、 太宰治、 ミュリエル・スパーク、 ドストエフスキー...

ISBN978-4-8120-2310-5

3,300円

『飲みすぎ、アレクサンドロス 』 植村勝明

飲みすぎ、アレクサンドロス
植村勝明

博覧強記という言葉は植村勝明のためにあるのではないか。...

ISBN978-4-8120-2309-9

2,750円

『地球よりも青く』 高橋憲三

地球よりも青く
高橋憲三

母と 地球 まだ生きている ぼくだって 白分という確固たる〈ひとり〉を生きていくこと。 それが...

ISBN978-4-8120-2308-2

2,200円

『明日の手紙』 後藤和彦

明日の手紙
後藤和彦

夜のガラスに ぼんやりうつるぼくの顔が...

ISBN978-4-8120-2307-5

2,200円


『霧の町を訪ねる日』 斎藤菜穂子

霧の町を訪ねる日
斎藤菜穂子

霧の街に降り立ち たどり着いた聖パウロ教会で ひとと別れた少女に出会う ダンテ通りの街リミニで...

ISBN978-4-8120-2306-8

1,650円

『時を織る 』 藤木由紗

時を織る
藤木由紗

シナリオに、 小説に完成した作品を縄めつつ、 数多くの詩筒を緩ってきた人の作品は、...

ISBN978-4-8120-2305-1

2,200円

『DANCE AGAIN』 恵矢

DANCE AGAIN
恵矢

自分がいることを 鏡でしか もう 確かめられなくなっている私たち...

ISBN978-4-8120-2303-7

2,200円

『明日 目が覚めたら』 谷口 謙

明日 目が覚めたら
谷口 謙

ぼくの心は醜い 醜い心をかくすように 美しい遠い連山を眺めている 止めよう 徒らな自己嫌悪を...

ISBN978-4-8120-2302-0

2,200円


『辻井喬論』 中村不二夫

辻井喬論
中村不二夫

言語前衛の最前線をいちども他に譲り渡さず その生涯を終えた孤高の詩人...

ISBN978-4-8120-2301-3

3,300円

『詩を問い続けて―私的詩論集』 高橋玖未子

『詩を問い続けて―私的詩論集』
高橋玖未子

詩は意味ではない。言葉だけでもない。 詩人の体を通した詩的経験が言葉を生み、...

ISBN978-4-8120-2299-3

2,200円

『レイシスト』 おぎ ぜんた

レイシスト
おぎ ぜんた

アフリカよ! おまえは自由だ 世界の貧困と苦痛からも 他者からの差別と虐待からも...

ISBN978-4-8120-2294-8

2,200円

『河が海に流れ入る時』 平岡緑

河が海に流れ入る時
平岡緑

ワーズワースの「水仙」を教室で暗唱するうち、気づくと少女は、いつしか風吹く野原に立っていた。既存の生...

ISBN978-4-8120-2293-1

2,200円


『音ー遊ぶ魂(III)』 小川静枝

音ー遊ぶ魂(III)
小川静枝

小川静枝が繰け返し語る「生きる歓び」と「集団的罪悪感」は反騒し合うことなく人間の複雑な資質の一切を表...

ISBN978-4-8120-2291-7

2,200円

『炎―遊ぶ魂 (II)』 小川静枝

炎―遊ぶ魂 (II)
小川静枝

小川青争枝の世界では、仏教の基本教義の二律昔反、「色即是空、 空即是色」...

ISBN978-4-8120-2290-0

2,200円

『水―遊ぶ魂 (I)』 小川静枝

水―遊ぶ魂 (I)
小川静枝

小川静枝の詩で目にとまるのは、その単純、明快さ、また質実な言葉遣いである。その技巧は暗愉、修飾なしの...

ISBN978-4-8120-2289-4

2,200円

『ひとりの女神に』 かわいふくみ

ひとりの女神に
かわいふくみ

まえを歩いているのは きおくのなかの母 となりに並んでいるのは きのうまでの母 歳をとらないはずの...

ISBN978-4-8120-2288-7

2,200円




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2014 ePubブックストア all rights reserved.info@epub-store.jp
.